乳酸菌にも種類があった!目的別に紹介

乳酸菌サプリメント口コミ人気ランキング > 乳酸菌の種類について

乳酸菌の種類別に効果を紹介しています

乳酸菌を更に詳し分析して種類ごとに紹介

 乳酸菌の種類は、大きく分けると植物性乳酸菌と、動物性乳酸菌に分けられるということは、“乳酸菌とは”のページで詳しく紹介させていただきました。さらに乳酸菌を細かくカウントすると現在発見されているだけでも250種類以上あると言われています。しかし、乳酸菌の種類によって働きがそれぞれ違うので是非理解した上で乳酸菌を摂取するのでは効果が変わってきます。今一度愛飲している乳酸菌の種類を確認してみてください。

 ★ビフィズス菌は『お通じの改善』目的は便秘解消ですよね。

 ★1073R-1乳酸菌は『免疫力アップ効果』目的はインフルエンザ予防で一躍人気になりました。キラー細胞を活性化してくれるのでガン予防にも。

 ★LG21乳酸菌は、『ピロリ菌』目的はピロリ菌は2人にひとりは乳酸菌がいると言われているので胃ガン予防にも効果的です。

 ★ラブレ菌は『整腸効果で代謝アップ』特に女性に人気で更年期障害の改善にも効果的です。

 ★ガセリ菌は、『ダイエット目的』で脂肪や糖分の吸収を抑えてくれるので中性脂肪が気になる方に。

 などなど・・・乳酸菌の種類はまだまだ紹介しきれないほど沢山ありますが、これらの乳酸菌は代表的ですのでそれぞれ効果を知っていると色々ある商品の中から選ぶ際に迷わずに済みますね。乳酸菌だけを摂取しても乳酸菌のパワーを発揮できない環境を作ってしまってはせっかく摂取しても勿体ないのでなるべく色々な食材も一緒に取り入れることで腸内環境も改善さえるので偏った食生活にならないようにする事をお勧めします。